メンズカジュアルシャツの着こなし【NG】

カジュアルシャツの着こなしで避けたい、NGポイントは?

カジュアルシャツの魅力はさまざまなシーンで役立ち、着こなしの幅も広いこと。しかし、女性からも好印象の着こなしには「トータルコーディネート」が肝になってきますので、バッグや靴、パンツにも気を配りたいところ。

ただ、いきなりそんなに難しい…というメンズは次の3つのポイントだけ押さえてみてください。これだけでもかなり印象が変わりますよ。


袖まくりは避ける
長袖シャツの場合、袖まくりをする人も多いようです。カジュアルに見せるひとつの手段ではありますが、まくった袖の部分が妙に膨れ上がってしまったり、肘の手前までまくるか、肘の上までまくるかの判断が難しいです。まくる幅なども難易度がとても高いので、自信がつくまでは袖まくりはしないことをおすすめします。
長すぎる丈はNG
あとズボンとの兼ね合い。たとえば丈が長すぎてお尻が隠れてしまうのはだらしなく見えてしまいます。ビジネスシャツとは違って、カジュアルシャツの場合には、丈は短いもの。ベルトにかかるくらいからお尻がすっぽりと隠れない程度までの丈のものを選びましょう。シャツはインしない方が、老けた印象にならずにおすすめです。
ベルトの幅が細すぎるのはNG
あとはベルト。仕事の際には細くて黒いベルトを使用している人も多いでしょう。しかし、カジュアルなシーンでは4センチ以上の太目のものを選びましょう。さらに、こげ茶色などファッション性と落ち着きを兼ね備えたベルトを選ぶとオシャレ度がアップします。ピン止めのアンティークシルバーやアンティークゴールドもオススメです。日常のファッションだからと過剰に意識して派手なカラーやデザインのものは避けましょう。